全てのスタートアップに捧ぐ
スタートアップがプロダクト開発に失敗しないためのTipsまとめ

STARTUP TIPSついて

本サイトにお越しの皆さん、はじめまして。

運営者のコンマナです。

新規事業・スタートアップ企業様をメインに開発支援を行なっており、また自身も スタートアップとして活動しています。

本サイトでは、その活動の中知り得た知見や、避けるべき注意点などを発信していきます。

🧐プロジェクトシミュレーション

下記ページからプロダクトのタイプや規模感から、適しているアーキテクトや予算の概算をシュミレーションすることが出来ます。

プロジェクトシュミレーションページはこちら

スタートアップ経営者におくる言葉

日本のIT業界には根深い闇があります。

無駄なしきたりというものかもしれません。これが日本のIT業界を低迷させているのは間違いなく 最前線で業務に従事するエンジニアの身としては遺憾でなりません。

この闇がシステム開発を失敗させたり、トラブルを引き起こしたり、無駄なコストに繋がっていたりと 悪循環を生んでいます。

それを回避するには、発注側であるお客様がある程度
システム開発における実態を把握することが大事です。

またそれにより開発チームともより良い関係性を築き、パワーバランスを整えて 本当のチームとなることもできます。 プロジェクト・事業の成功というのはそこに懸かっていると考えています。

本サイトでは不都合な真実や、絶対に見誤ってはいけないこと、改善策など

スタートアップがプロダクト開発を進めていく上で役に立つ情報を包み隠さずお伝えします!!

STARTUP TIPSついて

本サイトにお越しの皆さん、はじめまして。

運営者のコンマナです。

新規事業・スタートアップ企業様をメインに開発支援を行なっており、また自身も スタートアップとして活動しています。

本サイトでは、その活動の中知り得た知見や、避けるべき注意点などを発信していきます。

🧐プロジェクトシミュレーション

下記ページからプロダクトのタイプや規模感から、適しているアーキテクトや予算の概算をシュミレーションすることが出来ます。

プロジェクトシュミレーションページはこちら

スタートアップ経営者におくる言葉

日本のIT業界には根深い闇があります。

無駄なしきたりというものかもしれません。これが日本のIT業界を低迷させているのは間違いなく 最前線で業務に従事するエンジニアの身としては遺憾でなりません。

この闇がシステム開発を失敗させたり、トラブルを引き起こしたり、無駄なコストに繋がっていたりと 悪循環を生んでいます。

それを回避するには、発注側であるお客様がある程度
システム開発における実態を把握することが大事です。

またそれにより開発チームともより良い関係性を築き、パワーバランスを整えて 本当のチームとなることもできます。 プロジェクト・事業の成功というのはそこに懸かっていると考えています。

本サイトでは不都合な真実や、絶対に見誤ってはいけないこと、改善策など

スタートアップがプロダクト開発を進めていく上で役に立つ情報を包み隠さずお伝えします!!

書いた人

#
コンマナ
エンジニア。株式会社マイムの代表。 スタートアップをメインとしたシステム開発支援を行なっており、 MVP時点でのベストプラクティクスを模索している。 また自身もスタートアップとしてサービスを運営中。
\SNSもヨロシク!/
Service
🚀
スタートアップに最適な月額定額制のシステム開発
新規事業に最適な新しい開発方法をご存知ですか?
請負契約 → 納品って新規事業にはリスクが大きいです。 いまどきの失敗しないプロダクト作りとは!?
✍🏻
弊社の取り組みや想いについて
こちらから会社ホームページをご覧ください。
注目の記事

MVP時点では武器と省略を考える!

MVPというのは顧客獲得とニーズの深堀のための検証段階、いわば試作品です。検証後、大幅な方針転換や作り直し等も発生しうるため、無駄のない開発プランニングが必要になります。

スタートアップ向けのプロダクト開発に請負契約は誤りな理由

仕様が定まっていないシステム開発には、弊社でも取り組んでいる月額定額制のシステム開発がオススメです。また請負契約だとリスク管理と納品コストが高くつきます。リーンスタートアップ時点ではデメリットしかないです。

運用保守ってどうすれば良いの!?

ついにサービスリリース!!...で終わりではなく、むしろそこからが本番です。弊社の顧客様との関わり方を例に費用の相場感、注意点をお伝えします。

採用する技術を安易に開発チーム(委託先)に任せてはいけない

採用する技術が廃れていたり、マニアックだったりするとその後の改修に困ります。また専任のエンジニアに切り替えたいが採用できないなどの事態も...

3人以下の開発チームにプロジェクトマネージャーはいらない

プロジェクトマネージャーとは名ばかりの工数だけを管理する、ITリテラシーの低い御用聞き要員がプロジェクトを破壊します。特に事業視点・方向性がある有識者がいる場合、マジで不要なので無駄なコストです。

モバイル向けアプリならハイブリット型のフレームワークがオススメ

iOSとAndroidアプリでは困ったことに開発に必要な技術が異なります。そこまで複雑でない要件の場合、ハイブリットアプリという開発手法があります。

初期開発に必要な人材

初期開発にはみなさん大好きフルスタックエンジニア様がその守備範囲の広さから重宝されます。とはいえ、実はデメリットもあるんです

○○版の○○という言語化

例えば、インスタグラムの果物版など、そういった説明ができるプロダクトって優れている印象があります。競合とか似たサービスは、今の時代、必ず存在します。一言で伝わるので便利です。

【アプリタイプ別】間違いのない開発技術

トレンドを抑えた技術が良いというわけではなく、作りたいモノによって今後の進展を見据えた技術を選択することが重要です