全てのスタートアップに捧ぐ
スタートアップがプロダクト開発に失敗しないためのTipsまとめ

初期開発に必要な人材

初期開発にはみなさん大好きフルスタックエンジニア様がその守備範囲の広さから重宝されます。とはいえ、実はデメリットもあるんです
Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEでシェア
はてブ!でシェア
Pocketでシェア
noteでシェア

スタートアップが自社社員としてジョインしてもらう場合

エンジニアについてはテックリード一択です。

自ら手を動かして開発ができる技術長、CTOクラスのエンジニアです。

経験上、口だけを出して開発チームに混ざれないタイプだと、あまり良いチームビルディングができていなかったイメージが強いです。

アーキテクトの選択ミスなどが、のちのちの事業の枷になってきます。ここにきちんと気づける技術者が必要不可欠です。

MVP開発 → 別会社で作り直しの構図は本当によくある話で、最初の体制作りで手を抜くと起こりがちです。

プロダクト作りでのスタートアップ経営者の仕事とは?

何人もの優れた起業家を拝見してきましたが、やはりオーラというかパワーがあり、明るく 熱心で、事業に夢中になってる人が多いイメージがあります。
なんというか、人柄も良くて、みんなに好かれるタイプですね。
反面、少し厳しさが足りない人が多く、それが原因でプロダクト作りに失敗しているケースが多いです。
プロダクト作りを一任してしまって、スケジュール感も鵜呑みにしてしまうケースですね。

資金調達や営業活動・登壇など、資料作りも含めてとてつもなく多忙だとは思いますが
そこまで大変なことでもないので、プロダクト作りについては、ノータッチではなく、 たとえば少し気になるネタなどを質問したり、率先的にイメージを伝え続けることを オススメします。

起業家特有の夢を語る能力というのは、開発チームを鼓舞し、プロダクトを洗練させる効果があると思っていて この部分が単調な作業になっていると、あまり良いプロダクトにはならないのではないかと考えています。

開発チームと信頼関係を築くことが何よりも重要です。

エンジニアって言われたものを作るだけではなく、より良くするための意見も言えるんです。
それが事業視点かどうかはさておき、起業家はその意見を拾って、判断材料にしていくべきです。 時々エンジニアはクリエイティブじゃないという方もいますが、答えはノーです。
クリエイティブに長けたエンジニアはたくさんいますし、そういう人こそ良いプロダクトを生み出すのに役立つ人材なのです。

そういった部分に敬意を払い、関係性を築いていく必要があります。

フルスタックエンジニア採用のすすめ

フルスタックエンジニアという言葉があります。

これは何かと言うと、何でも屋さんです笑。

昔はあまり聞かなかった言葉ですが、最近はBEFというアーキテクチャが多く、 フロントエンドとバックエンド、インフラも部隊が別れていることが一般的です。

つまり、画面周り、DBとのデータ連携部分、AWSやGCPといったクラウドインフラの構築。 これらをすべて1人で担える守備範囲の広いエンジニア人材をフルスタックと呼びます。

なかなか数は少ないですが、僕もそっちよりで、サービス開発が趣味なので 色々作っては世に出しています。
開発会社などの社員さんよりは、やはりフリーランスの方に多い印象ですね。

ただし、各分野における学習の深さは、専門の方に比べると劣る場合があります。

とはいえ、それを差し引いても0 → 1の段階ではこれほど頼もしい人材は他にいません。

開発面で不足しているマスを、こういった人材が埋めてくれ、かつ、後のCTOとして 活躍してくれるはずです。フルスタックは技術もそうですが、視野も広いため、そういったポジションにも最適なんです。

そもそもスタートアップに手を動かさない人はいらない

ブレインとしての起業家、もしくはもう1人パートナーがいるとして、他には頭脳系の人間は最初は不要に思います。

初期は体制のない中での、役割、立場を超えるマルチな働きが必要とされるのがスタートアップです。

開発チームにもそういった部分でのアクティブさが求められます。
なので、ただ言われたものを作るという請負契約 → 納品スタイルの従来のシステム開発は リーンスタートアップに向いておらず、あまり賢い選択ではありません。

なのでエンジニアを採用して内製で作るか、融通や柔軟性の効く、スタートアップや新規事業に向いている 開発会社を委託先とするべきです。

この選択を間違えて後悔しているスタータップさんが本当に多いです。

開発チーム作り、委託先の選定に手を抜いてはいけません!!


弊社では新規事業•スモールビジネスに特化した、 月額定額制のMVP開発支援を行っています。

具体的な詳細、資料請求については下記のリンクからご覧ください。

PROTO DIVER

次の記事

システム開発はトレードオフ

できるだけ短期間で、できるだけ安くて、できるだけ良いものを。そう思ってるそこのあなた。現実を見ましょう。システム開発は等価交換ですよフフフ、、、

前の記事

怪しいITコンサルには注意せよ!

僕が実際に出会ったフリーのITコンサルにまつわる話です。なんというかテキトーにエンジニアを募ってマージン取りたいだけの人でした。。。あなたの近くにいませんか?

初期開発に必要な人材

初期開発にはみなさん大好きフルスタックエンジニア様がその守備範囲の広さから重宝されます。とはいえ、実はデメリットもあるんです
Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEでシェア
はてブ!でシェア
Pocketでシェア
noteでシェア

スタートアップが自社社員としてジョインしてもらう場合

エンジニアについてはテックリード一択です。

自ら手を動かして開発ができる技術長、CTOクラスのエンジニアです。

経験上、口だけを出して開発チームに混ざれないタイプだと、あまり良いチームビルディングができていなかったイメージが強いです。

アーキテクトの選択ミスなどが、のちのちの事業の枷になってきます。ここにきちんと気づける技術者が必要不可欠です。

MVP開発 → 別会社で作り直しの構図は本当によくある話で、最初の体制作りで手を抜くと起こりがちです。

プロダクト作りでのスタートアップ経営者の仕事とは?

何人もの優れた起業家を拝見してきましたが、やはりオーラというかパワーがあり、明るく 熱心で、事業に夢中になってる人が多いイメージがあります。
なんというか、人柄も良くて、みんなに好かれるタイプですね。
反面、少し厳しさが足りない人が多く、それが原因でプロダクト作りに失敗しているケースが多いです。
プロダクト作りを一任してしまって、スケジュール感も鵜呑みにしてしまうケースですね。

資金調達や営業活動・登壇など、資料作りも含めてとてつもなく多忙だとは思いますが
そこまで大変なことでもないので、プロダクト作りについては、ノータッチではなく、 たとえば少し気になるネタなどを質問したり、率先的にイメージを伝え続けることを オススメします。

起業家特有の夢を語る能力というのは、開発チームを鼓舞し、プロダクトを洗練させる効果があると思っていて この部分が単調な作業になっていると、あまり良いプロダクトにはならないのではないかと考えています。

開発チームと信頼関係を築くことが何よりも重要です。

エンジニアって言われたものを作るだけではなく、より良くするための意見も言えるんです。
それが事業視点かどうかはさておき、起業家はその意見を拾って、判断材料にしていくべきです。 時々エンジニアはクリエイティブじゃないという方もいますが、答えはノーです。
クリエイティブに長けたエンジニアはたくさんいますし、そういう人こそ良いプロダクトを生み出すのに役立つ人材なのです。

そういった部分に敬意を払い、関係性を築いていく必要があります。

フルスタックエンジニア採用のすすめ

フルスタックエンジニアという言葉があります。

これは何かと言うと、何でも屋さんです笑。

昔はあまり聞かなかった言葉ですが、最近はBEFというアーキテクチャが多く、 フロントエンドとバックエンド、インフラも部隊が別れていることが一般的です。

つまり、画面周り、DBとのデータ連携部分、AWSやGCPといったクラウドインフラの構築。 これらをすべて1人で担える守備範囲の広いエンジニア人材をフルスタックと呼びます。

なかなか数は少ないですが、僕もそっちよりで、サービス開発が趣味なので 色々作っては世に出しています。
開発会社などの社員さんよりは、やはりフリーランスの方に多い印象ですね。

ただし、各分野における学習の深さは、専門の方に比べると劣る場合があります。

とはいえ、それを差し引いても0 → 1の段階ではこれほど頼もしい人材は他にいません。

開発面で不足しているマスを、こういった人材が埋めてくれ、かつ、後のCTOとして 活躍してくれるはずです。フルスタックは技術もそうですが、視野も広いため、そういったポジションにも最適なんです。

そもそもスタートアップに手を動かさない人はいらない

ブレインとしての起業家、もしくはもう1人パートナーがいるとして、他には頭脳系の人間は最初は不要に思います。

初期は体制のない中での、役割、立場を超えるマルチな働きが必要とされるのがスタートアップです。

開発チームにもそういった部分でのアクティブさが求められます。
なので、ただ言われたものを作るという請負契約 → 納品スタイルの従来のシステム開発は リーンスタートアップに向いておらず、あまり賢い選択ではありません。

なのでエンジニアを採用して内製で作るか、融通や柔軟性の効く、スタートアップや新規事業に向いている 開発会社を委託先とするべきです。

この選択を間違えて後悔しているスタータップさんが本当に多いです。

開発チーム作り、委託先の選定に手を抜いてはいけません!!


弊社では新規事業•スモールビジネスに特化した、 月額定額制のMVP開発支援を行っています。

具体的な詳細、資料請求については下記のリンクからご覧ください。

PROTO DIVER

次の記事

システム開発はトレードオフ

できるだけ短期間で、できるだけ安くて、できるだけ良いものを。そう思ってるそこのあなた。現実を見ましょう。システム開発は等価交換ですよフフフ、、、

前の記事

怪しいITコンサルには注意せよ!

僕が実際に出会ったフリーのITコンサルにまつわる話です。なんというかテキトーにエンジニアを募ってマージン取りたいだけの人でした。。。あなたの近くにいませんか?

書いた人

#
コンマナ
エンジニア。株式会社マイムの代表。 スタートアップをメインとしたシステム開発支援を行なっており、 MVP時点でのベストプラクティクスを模索している。 また自身もスタートアップとしてサービスを運営中。
\SNSもヨロシク!/
Service
🚀
スタートアップに最適な月額定額制のシステム開発
新規事業に最適な新しい開発方法をご存知ですか?
請負契約 → 納品って新規事業にはリスクが大きいです。 いまどきの失敗しないプロダクト作りとは!?
👩🏻‍💻
実務経験を積みたいエンジニア向け副業紹介
国内初!副業で実務経験を積むことのできるサービス。
就職先が決まらない、キャリアチェンジをしたいなど。悩めるエンジニアを応援します。
※スキル/案件状況にもよりますので全員にお声がけは出来ない事をご了承ください。
エンジニアを採用したい・SNSを活かした案件掲載
仲介・斡旋いっさいなし!誰でも案件・求人を掲載し、さらにダイレクトリクルーティングも出来るマッチングサービス
フリーランスエンジニア向けの直案件を掲載中!!
注目の記事

MVP時点では武器と省略を考える!

MVPというのは顧客獲得とニーズの深堀のための検証段階、いわば試作品です。検証後、大幅な方針転換や作り直し等も発生しうるため、無駄のない開発プランニングが必要になります。

スタートアップ向けのプロダクト開発に請負契約は誤りな理由

仕様が定まっていないシステム開発には、弊社でも取り組んでいる月額定額制のシステム開発がオススメです。また請負契約だとリスク管理と納品コストが高くつきます。リーンスタートアップ時点ではデメリットしかないです。

運用保守ってどうすれば良いの!?

ついにサービスリリース!!...で終わりではなく、むしろそこからが本番です。弊社の顧客様との関わり方を例に費用の相場感、注意点をお伝えします。

採用する技術を安易に開発チーム(委託先)に任せてはいけない

採用する技術が廃れていたり、マニアックだったりするとその後の改修に困ります。また専任のエンジニアに切り替えたいが採用できないなどの事態も...

3人以下の開発チームにプロジェクトマネージャーはいらない

プロジェクトマネージャーとは名ばかりの工数だけを管理する、ITリテラシーの低い御用聞き要員がプロジェクトを破壊します。特に事業視点・方向性がある有識者がいる場合、マジで不要なので無駄なコストです。

モバイル向けアプリならハイブリット型のフレームワークがオススメ

iOSとAndroidアプリでは困ったことに開発に必要な技術が異なります。そこまで複雑でない要件の場合、ハイブリットアプリという開発手法があります。

初期開発に必要な人材

初期開発にはみなさん大好きフルスタックエンジニア様がその守備範囲の広さから重宝されます。とはいえ、実はデメリットもあるんです

○○版の○○という言語化

例えば、インスタグラムの果物版など、そういった説明ができるプロダクトって優れている印象があります。競合とか似たサービスは、今の時代、必ず存在します。一言で伝わるので便利です。

【アプリタイプ別】間違いのない開発技術

トレンドを抑えた技術が良いというわけではなく、作りたいモノによって今後の進展を見据えた技術を選択することが重要です