全てのスタートアップに捧ぐ
スタートアップがプロダクト開発に失敗しないためのTipsまとめ

モバイル向けアプリならハイブリット型のフレームワークがオススメ

iOSとAndroidアプリでは困ったことに開発に必要な技術が異なります。そこまで複雑でない要件の場合、ハイブリットアプリという開発手法があります。
Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEでシェア
はてブ!でシェア
Pocketでシェア
noteでシェア

ハイブリッド?

なんかかっこいい響きですね。
これを説明するには従来の手法から説明する必要があります。

そう、それは昔々のことじゃった、、、(日本昔ばなし感)

ネイティブアプリ

まず、モバイル向けのアプリ開発では、ネイティブ開発があります。

これはもっともオーソドックスな手法で、言ってしまえば正攻法です。

iOSなら「Swift」、Androidなら「Kotlin」といった開発言語での開発になります。
また、現時点でiOSの場合はMac OSでの開発となります。

つまり、モバイル向けにアプリを開発するのには、モノを2つ作る必要性があるわけです。

用いる技術が違うので、エンジニアが最低でも2人必要というわけです。
どちらも出来る人が稀にいらっしゃいますが、そちらの希望は早めに諦めることをオススメします。
日々アップデートされていくので、到底追いつけないですし、体験談ですが、まず同じクオリティでは出せません笑

ハイブリッドアプリ

そんな中で登場したのが、このハイブリッドアプリです。 これは主にWeb技術を用いていたり、別の言語での開発となるなどがありますが、 簡単いうとひとつの技術で、iOS、Android向けにモバイルアプリを同時に作れてしまう技術です。

夢のような話ですが、もちろんデメリットもあります。 ネイティブだと問題ないが、ハイブリッドだと問題になる機能だったり、端末依存の不具合などです。

また描写速度などの動作も、ネイティブには劣ります。

ハイブリッドアプリに向いているもの

それは複雑性の少ないサービスです。

たとえば、Webアプリで出来るようなものは、おおよそハイブリッドアプリに向いています。

ECサイトや、ニュース記事がメインとなるようなものです。

そこまでUIに特化しなければ、画像系動画系のコンテンツを扱うものも可能です。

とはいえ、このあたりも日々アップデートされてるので一概には言えませんが、基本的にはある程度のモノは作れるレベルに進歩しています。

なので、場合によってはスタートアップにはコスト面からオススメです。

ハイブリッドアプリのフレームワーク

色々ありますが、2020年12月現在では2強です。


Flutter・・・Googleが開発したフレームワーク。

React Native・・・Facebookが開発したフレームワーク。


他にもありますが、このいずれかであれば、特にメリット・デメリットは同程度だと思います。 どちらもそれなりに有名サービスで導入されている実績があります。

余談ですが、弊社でハイブリッド開発をする際はFlutterを採用しています。好みです笑


ハイブリッドアプリのフレームワークは今後も動向が見逃せません!!

次の記事

【アプリタイプ別】間違いのない開発技術

トレンドを抑えた技術が良いというわけではなく、作りたいモノによって今後の進展を見据えた技術を選択することが重要です

前の記事

開発チームからテンプレートやテーマの利用を提案されたら

そもそもテンプレートとかテーマとは? メリット・デメリットなど

モバイル向けアプリならハイブリット型のフレームワークがオススメ

iOSとAndroidアプリでは困ったことに開発に必要な技術が異なります。そこまで複雑でない要件の場合、ハイブリットアプリという開発手法があります。
Twitterでシェア
Facebookでシェア
LINEでシェア
はてブ!でシェア
Pocketでシェア
noteでシェア

ハイブリッド?

なんかかっこいい響きですね。
これを説明するには従来の手法から説明する必要があります。

そう、それは昔々のことじゃった、、、(日本昔ばなし感)

ネイティブアプリ

まず、モバイル向けのアプリ開発では、ネイティブ開発があります。

これはもっともオーソドックスな手法で、言ってしまえば正攻法です。

iOSなら「Swift」、Androidなら「Kotlin」といった開発言語での開発になります。
また、現時点でiOSの場合はMac OSでの開発となります。

つまり、モバイル向けにアプリを開発するのには、モノを2つ作る必要性があるわけです。

用いる技術が違うので、エンジニアが最低でも2人必要というわけです。
どちらも出来る人が稀にいらっしゃいますが、そちらの希望は早めに諦めることをオススメします。
日々アップデートされていくので、到底追いつけないですし、体験談ですが、まず同じクオリティでは出せません笑

ハイブリッドアプリ

そんな中で登場したのが、このハイブリッドアプリです。 これは主にWeb技術を用いていたり、別の言語での開発となるなどがありますが、 簡単いうとひとつの技術で、iOS、Android向けにモバイルアプリを同時に作れてしまう技術です。

夢のような話ですが、もちろんデメリットもあります。 ネイティブだと問題ないが、ハイブリッドだと問題になる機能だったり、端末依存の不具合などです。

また描写速度などの動作も、ネイティブには劣ります。

ハイブリッドアプリに向いているもの

それは複雑性の少ないサービスです。

たとえば、Webアプリで出来るようなものは、おおよそハイブリッドアプリに向いています。

ECサイトや、ニュース記事がメインとなるようなものです。

そこまでUIに特化しなければ、画像系動画系のコンテンツを扱うものも可能です。

とはいえ、このあたりも日々アップデートされてるので一概には言えませんが、基本的にはある程度のモノは作れるレベルに進歩しています。

なので、場合によってはスタートアップにはコスト面からオススメです。

ハイブリッドアプリのフレームワーク

色々ありますが、2020年12月現在では2強です。


Flutter・・・Googleが開発したフレームワーク。

React Native・・・Facebookが開発したフレームワーク。


他にもありますが、このいずれかであれば、特にメリット・デメリットは同程度だと思います。 どちらもそれなりに有名サービスで導入されている実績があります。

余談ですが、弊社でハイブリッド開発をする際はFlutterを採用しています。好みです笑


ハイブリッドアプリのフレームワークは今後も動向が見逃せません!!

次の記事

【アプリタイプ別】間違いのない開発技術

トレンドを抑えた技術が良いというわけではなく、作りたいモノによって今後の進展を見据えた技術を選択することが重要です

前の記事

開発チームからテンプレートやテーマの利用を提案されたら

そもそもテンプレートとかテーマとは? メリット・デメリットなど

書いた人

#
コンマナ
エンジニア。株式会社マイムの代表。 スタートアップをメインとしたシステム開発支援を行なっており、 MVP時点でのベストプラクティクスを模索している。 また自身もスタートアップとしてサービスを運営中。
\SNSもヨロシク!/
Service
🚀
スタートアップに最適な月額定額制のシステム開発
新規事業に最適な新しい開発方法をご存知ですか?
請負契約 → 納品って新規事業にはリスクが大きいです。 いまどきの失敗しないプロダクト作りとは!?
👩🏻‍💻
実務経験を積みたいエンジニア向け副業紹介
国内初!副業で実務経験を積むことのできるサービス。
就職先が決まらない、キャリアチェンジをしたいなど。悩めるエンジニアを応援します。
エンジニアを採用したい・SNSを活かした案件掲載
仲介・斡旋いっさいなし!誰でも案件・求人を掲載し、さらにダイレクトリクルーティングも出来るマッチングサービス
フリーランスエンジニア向けの直案件を掲載中!!